やきものクイズ [陶藤]

「やきもの用語辞典」の内容をクイズにしています。
成績アップのためには、「やきもの用語辞典」をご覧下さい♪


質   問 YES NO
1. 雨雲(あまぐも)は、本阿偏光悦作の黒茶碗で、他にも有名な時雨(しぐれ)とは同型の茶碗。
2. 青木木米は、日本三大茶人の一人。
3. 阿米夜は、楽初代長次郎の父で、桃山時代初期、京都で瓦を主に焼いたが、のち加茂黒石を釉として楽焼の基礎をつくった。
4. 鋳込みとは、石膏型に泥漿(水に溶かした陶土)を流し込み成形する方法で、単純な形の作成に適している。
5. 淡路焼は、賀集a平が文政年間、または天保年間に創始したもので、「a平焼」ともいう。
6. 荒川豊蔵は、大萱牟田洞で志野陶片を発見し志野、瀬戸黒などが美濃で焼かれたことを証明した。
7. 淡路焼は、香川県淡路島で焼かれた陶器。
8. 糸切とは、やきもの製作上ロクロの上で土から成形した場合、ロクロから製品を離すときに撚糸(よりいと)を用いて切り取るが、その切り痕に出来た渦状の細い線で残ったものをいう。
9. 有田焼は、有田川を下った伊万里港から国の内外に積み出されたため、「伊万里焼」と呼ばれていた。
10. 今井宗久は、室町末期から桃山時代に至る茶の湯の大宗匠。堺に住み武野紹鴎に茶を学び、後紹鴎の娘をめとって紹鴎の後継者となった。

ランキングのニックネーム: 

Copyright © 2004-2018 Toufuji. All rights reserved. 陶藤やきものクイズ Ver.1.0