やきものクイズ [陶藤]

「やきもの用語辞典」の内容をクイズにしています。
成績アップのためには、「やきもの用語辞典」をご覧下さい♪


質   問 YES NO
1. 赤膚焼は、北海道で焼かれている陶器。
2. 雨雲(あまぐも)は、本阿偏光悦作の黒茶碗で、他にも有名な時雨(しぐれ)とは同型の茶碗。
3. 犬山焼は、山梨県丹羽郡犬山城に近い丸山の陶窯。赤絵には秀作があり特に有名である。
4. 阿米夜は、楽初代長次郎の父で、桃山時代初期、京都で瓦を主に焼いたが、のち加茂黒石を釉として楽焼の基礎をつくった。
5. アンダーソン土器は、煉瓦色した土器の表面に顔彩で文様を描いたもの。日本古代のやきもの。
6. 赤膚焼は、名工木白(柏屋武兵衛)の出現によって名高くなった。
7. 伊万里焼は、佐賀県有田町及びその附近一帯で焼かれた磁器が伊万里から船積みされて輸出された。古伊万里と呼ばれる磁器は、有田で焼かれたもので、酒井田柿右衛門が赤絵焼成に成功してから赤絵は非常に発達した。
8. 伊賀焼は、奈良県に産する陶器。
9. 尼焼は、楽焼の始祖、阿米夜(あめや)の娘比丘尼作の茶碗といわれる。
10. 青井戸とは、井戸茶碗の一種で、総体が青い色調なのでこのように名付けられたものをいう。

ランキングのニックネーム: 

Copyright © 2004-2019 Toufuji. All rights reserved. 陶藤やきものクイズ Ver.1.0